上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味スタ劇場キター これが観られるからスタに行かざるを得ない。という試合。

これまでの味スタ劇場は、上位陣相手に下位(笑)トキョーが派手な逆転劇を魅せる。というものばかりでしたが、今年は首位と6位の上位対決そしてガチンコのぶつかり合い、そして勝利。という全く趣の異なるものでした。

とにかく前半から石川カボレの両サイドが真ん中の平山の落とす球を拾って、敵陣に押し込みまくり。跳ね返された球は、羽生、今野、梶山が拾って更に押し返す。というイケイケモード。
後半にはいると、左サイドバックの長友がカボレを追い越してゴール前に肉薄。と、観ている側も満足な内容でした。
イノハ(藁)がセンターバックでしたから、点は取れると思っていましたが、カボレの技あり頭以外は、長友のゴチャゴチャ押し込み、大竹の赤嶺張りの倒れ込みシュートとスマートには程遠い得点ばかり。鹿島のカッコイイダイビングヘッドや針の穴を通すようなコースが決まったシュートと比べると、格好悪いものばかりでしたが、イイ!それがイイのです。強い鹿島から点をもぎ取るにはこれしかない。というものばかりでした。

カボレはピッチ上の異次元人でした。本来期待されていた能力をとうとう魅せてくれた。
平山も素晴らしいポストプレーだった。
長友も最後まで走りっぱなし。
石川はもう一回これができれば代表復帰あるかもね。
今野梶山羽生 これが中盤の正解っぽい。回答出るのに1年かかりましたが。
茂庭の鬼奪取→フィード失敗には大爆笑。やっと茂庭が帰ってきた。
佐原は来年もいるよな。
塩田は飛び出して失点するのをなんとかしる。

そして大竹。やっぱり天才だ。幸いなことに大竹ゴールは全てこの目で見ているなぁ。
このままいけば再来年あたりはスペインあたりにいそうだが。さらなる成長に期待せざるを得ない。
清水戦の大敗は大竹不在のせいだと思う。

ということで、優勝争いの末端にまだまだしがみついている。
残りの4試合もこんな試合を見せて欲しい。
そうすれば味スタを満員にすることも不可能ぢゃない。
この試合見に来てくれた一見さんはきっと東京ファンになってくれているはずだよ。
スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 GNO2-キャリフォルニアの青い○○, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。