上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇杯準決勝。クルマでエコパまで参戦。

逆転負けでしかもチュンソンに決められるという、ある意味最悪wの結果での負け。
確執ネタ好きのマスゴミに超特級のおいしいエサを与えてしまったことがムカツク。
よって新聞やニュースは見ません。

悔しい結果ですが、この時期まで試合が見れたということでかなり満足している自分がいるのも事実。
もし仮に勝ち上がって優勝なんぞしてしまっても、ACLはこの戦力ではムリ。ACLムリ。
遠藤とか小笠原とか、まあフランサ?クラスの絶対的エースがいることが必須条件だと思います。
このままACL行ってしまったら再来年はチーム崩壊してJ2落ちということも十分あり得る。
決勝で負けても元日から憂鬱になりますし。
現状ではここらで丁度よかったですよ。
なんつっても負け犬の遠吠えだな~。

今年はちょっとずつ今までと違うところが見られておおむね楽しかったです。
いままでなら、ここまま試合終了というところを何度も跳ね返したし、夏場で調子の出なかったときもこれまでは鬼連敗だったところをなんとかドローで勝ち点1は拾ってきたしと。
アウェーで強かったのも良かったですね。遠征で負けて帰ってくる心理的ダメージはとても大きいですから。

今年のベストゲームは…

アウェー川崎戦

に決定です。ふっと肉観戦でしたが、試合終了時にDF陣が倒れ込む姿には泣けた。
ナビスコ決勝戦の再現でした。
ああいう魂のこもった試合は何度でも観たい。

時点はホーム鹿島戦。
試合そのものが総力戦の打ち合いで手に汗握るものでした。
チームのポテンシャル自体は、トップグループで優勝できるものを持っているということが証明できました。
第三者含めて今年の東京のベストゲームに上げられているのをよく見かけます。

上記2試合はサポやっていることを誇りに思える試合でしたなあ。

新人賞は…

大竹

幸いなことに全ゴールを生で見られました。
全てのゴールが勝利を呼び込むすばらしいもの。
H川崎戦のループ
H大宮戦の直接FK
A札幌戦の出場直後ミドル
H鹿島戦の倒れ込みながらもンガハタの股の間だを狙って通したコロコロゴール
どれも決まったときは発狂。周りのサポとハイタッチでした。

いままでの新人は馴染むまでに2,3年かかるものだろう。と思っていたところがありましたが、天才はそんな猶予期間なんぞ必要ないということがわかりました。
待望久しいプレースキッカーが登場したことが何より嬉しい。
来年は体力つけてスタメン奪取だ。

城福さんも想像以上にやり手でした。
このまま朽ち果てそうだった選手を何人も蘇らせた功績が何よりも大きい。
平山、石川、茂庭、赤嶺、徳永、佐原もこっちに来なければそうだったろう。
来年は今野を蘇生してください。今年の今野の活躍は不甲斐ないの一言。
あと梶山もね。もっと尻叩いてください。

チームもオフの仕込みを万全にしていただき、来年は天下をとりましょうぞ。
まだまだ伸びます。
楽しみですね。
スポンサーサイト

テーマ:FC東京 - ジャンル:スポーツ


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 GNO2-キャリフォルニアの青い○○, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。