Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日発表された衝撃の事実「巻き戻し」。
スタート後50時間ぐらいで巻き戻しとは異様も異様ですねぇ。噂によると早速PSOシリーズの宿業でもあったDUPEが発見されたとのこと。
速攻でDUPEを見つけるニ○トどもも困ったものですが、ソニチもいい加減無料期間中のユーザーをテスター扱いするのをやめてほしいですわ。
思い起こせばGCPSOもDUPEのおかげでROMディスクの全交換という、歴史的失態がありましたなあ。相変わらず進歩無し。

昨日のオンも結局、場所移動画面で100%切断。
再ログインにもリトライの嵐。
旧知の方々との再会は出来ましたが、肝心の潜りは切断が恐ろしくて断念。適当にだべってお終いにするしかありませんでした。

本日は朝からメンテのようでしたが、わたしは秋葉にキボコン入手の旅に行きまして無事購入。うちの旧式テレビの画面では厳しいので、アップスキャンコンバータも購入し、PCモニターで見られる準備を整えました。
いろいろ接続作業を終えて、PCモニターでゲームを行えるようになったのを確認。
試しにオンラインしてみましたが、まだリトライの嵐。全然直ってねえじゃん。
なんとか接続したところ、いきなりメッセージ出現。
20:30でサーバーを落とすとのこと。あわててログオフし、公式サイトを見たところ…

サーバー一時停止のお知らせ
ネットワークモードをお楽しみのお客様へ

これまでのメンテナンスにおいて、アクセス集中緩和のためのサーバー
増設や不具合対策を行ってまいりましたが、9月3日(日)の緊急メンテ
ナンス以降もゲーム内の不具合や接続障害が継続していることから、
さらなる調査のため、一旦サーバーを停止する必要があると判断いたしました。

現時点で復旧の目処が予測できないことをお詫び申し上げます。
本件に関する続報は、明日15:00に改めてご報告いたします。

サーバー停止実施日時 2006年9月3日(日)20:30

Windows版をご利用のお客様につきましては、サーバー停止期間中も
ストーリーモードをお楽しみいただくことが可能です。

また、ご登録されているお客様への利用権付与の検討を行っております。
こちらにつきましては具体的な対応が決定次第、発表させていただきます。

皆様には、長時間にわたり大変ご迷惑をおかけしておりますことを
重ねてお詫び申し上げます。

引き続き解消へ向けスタッフ一同、全力で取り組んでまいりますので、
復旧までの間、今しばらくお待ちくださいますようお願いいたします。



うわー
無期限停止っすか。
見吉さん。

――注目度の高いオンラインタイトルであればあるほど、サービス初日にはアクセス集中などのトラブルが起こる可能性は上がるという側面がありますが、そのあたりはいかがでしょうか?

見吉 「PSO」から数えて6年近くオンラインタイトルの運営を行なっているので、初動の対応などにはノウハウがあります。現在はプレミアディスクによる運営も行なっていますし、漕ぎ出しにはあまり不安を感じてはいないです。




あきれてもう笑うしかないす。
あまりのダメっぷりに萌えました。

無料期間延長とかさ~会社に大損害与えるってことだよなぁ。
普通の会社なら損害出したプロジェクトのトップはクビか左遷ものだと思うんですけど。
常識で考えて巻き戻しのリミットは今日中。それができなかったんだから誰かが責任取らなきゃいかんだろ。

個人的にはGCPSOの印象が良かったので、見吉クビ、畑さんトップ昇格でいいんじゃないですかね。

で、いつから遊べるようになるんじゃ?

テーマ:ファンタシースターユニバース - ジャンル:オンラインゲーム


そして私も、この2年GNO2一筋にやってまいりましたが、とうとう待っていた「ファンタシースターユニバース」が、やっとの事で発売されました。
ほこりをかぶっていたPS2にBBユニットを取り付け、本日より参戦いたします。

わたしのネトゲ歴はDC版PSOからでございまして、その後DC版Ver.2→GC版PSOをやってその後GNO2を始めた。といった感じで、まだ2種類しかやったことないんだな~。
そのルーツであるPSO直系の子孫であるPSUに参戦するのは歴史の必然。

本日接続成功できました。

説明書もろくに読まないままロビーに降り立ち、適当にミッションを作って一人旅をしてみました。
(キーボード無いのでまだ、野良パーティ参加は厳しい。明日買ってこよう)
操作性は50%ぐらいPSOを継承といった感じですが、まだ慣れません。
敵を倒すと相変わらずアイテムがポコポコ落ちますが、効いたことのないアイテムも多い。なんかアイテム合成とかもできるっぽいな。

わからないことだらけですが、徐々にいろいろ取得していこうと思います~

テーマ:ファンタシースターユニバース - ジャンル:オンラインゲーム


レイトショーで見てまいりました。
事前のストーリー情報などは一切遮断。

満員でした(;´Д`)

やはりこの作品。大林版が私の心の一本なわけですが。
それを踏まえた上での感想の羅列。

テーマ:時をかける少女 - ジャンル:映画


ドイツより帰還いたしました。

決戦のブラジル戦は皆様もご存じの通りの結果…

アウェー側ゴール裏での観戦でした。いやはや傾斜が急で、2回の上層でしたが見やすいの何の。さすがサカー大国のスタジアムじゃ。

玉田のゴールが決まったのもこちら側で、パーフェクトなパス回しと完璧な弾道を堪能しました。その後のたった10分間でしたが夢見れました。

ボッコボコに点とられるのはもう必然のような感じでして、最後の15分の日本側の戦意喪失も手に取るようにわかりました。
しかしそんな敗北ムードのなかでも一人気を吐いていたのは中田。彼だけは最後の最後まで走っていた。あまりの頑張りぶりに涙腺が緩みました。せめて彼ぐらいの気迫が見える選手がもう3人ほどいればここまではやられなかったかもしれん。

ロナウドは怪物でした。
ゲーム時間内はほぼ陣形の最先端でウロウロ歩いているのみ。足掻いたり脛当て直したりとテレテレしてましたが…なぜか彼のところにボールが来ると、彼とゴールの間には何も遮蔽物が存在しない状況が現れるのです。
世界一流の決定力というのを見た…
ニポンはゴール前に到達するのに無限大にも等しい時間を必要としていたのにこの差は何なのでしょうねぇ。

ブラジルのテクニックと観戦しているこちら側でゴールがポンポン入る状況を楽しみました。
ゴールが入ると楽しいですわ(自嘲)

日本はねぇ。
もっと走らないと駄目ずら。
終盤は本当に中田以外は走れていなかった。あとは巻、加地さんが及第点か。
テクニック不足とゴール前決定力不足を埋め合わせるのは「走り」しかないです。下手なら走るしかないです。走りも出来ないのでは為す術もなく負けるのは必定。誰が悪いのだという話になると、実際に試合するのは選手なわけですけど、やはりこういうチームにしてしまった上層部に最終責任は帰されるべきだと思いますが…結局誰も責任とりそうにないですね…

次期監督と噂されるオシムは「走り」でJEFを改造しました。
今度のチームは走れるチームになるかな。走れる人しか呼ばないでほしいのぅ。

FC東京もブラジル人新監督の元、走らずにパスを回すチームに改造されようとしていますが、ホントにそれで良いのか甚だ疑問だなこりゃ…

現地での話。
とにかく移動移動で疲れましたわ。
オプションツアーで行ったケルン大聖堂は、さすが国際的観光地でした。各国サポで溢れ帰っておりました。
こういう雰囲気を見るにつけ、石にかじりついてでもワールドカップ本戦には出なければならないと思った次第。こういうお祭りの当事者にはならないと損ですね。
当のドイツは順調に勝ち進み、家の窓のそこかしこから国旗がぶらさがり、個人の車にも国旗が立てられているのがぶんぶん走り回り、行く町行く町で若者が国旗をしょって無意味に町中を練り歩き、試合に勝った日には朝まで飲み屋が開いて大騒ぎっと、もう羨ましくて羨ましくて脳味噌沸騰しそうでしたわ。強いっていいなぁ。

水の代わりに近所のスーパーで買った適当なビールをガブガブ飲んで、毎日ほろ酔いでフラフラしていたのも良い思い出でした。
惨敗だった試合のフラストレーションもすぐ消えましたわ。

テーマ:ワールドカップ - ジャンル:日記


ブラジル戦観戦にドイツに向けて出発します。
必死で応援するですよ~
ブラジルがオージー相手に楽勝決めてくれて、消化試合では無くなり大変安堵しています。
これが本番でのジーコミラクルなんでしょうか(藁

クロアチア戦ドローは一応、国民の皆さんの皮算用では予定通りの結果ではないですか。日本代表がアウェーで初めて取った歴史的勝ち点1じゃないですか。欧州の強豪相手からもぎ取った勝ち点ですよ?それでも「なぜ勝てなかった?」ですから期待値の高さは尋常じゃないですなぁ。
確かに柳沢の1対1シュート外しや、ゴール前がら空きに誰も飛び込まないというのは他の出場国ではあり得ないシーンでした(できてる国は確実に勝ってますね今のところ)。でも、あんなのアジア予選から散々見てきたシーンだし。本番で急に出来るようになるとも思えません。

中村の出来がイマイチ、J代表としてとっても期待していた小笠原もやはり本場相手には通用しない場面が多く、攻撃的中盤からボールの出てくる可能性が限りなく低い。よってFWがものすごく後ろまで下がってボールをもらいに来る状況が続いて早々にFW陣がバテバテ。これでは本職のゴール前でまともな仕事が出来ないのも道理。もらいにいかずもっと前で待っててもいいんじゃないかと思いますが、日本サッカーの神髄は全員守備らしいですから。こういう姿勢が本場欧州ではFW適正の有無を問われて、高原も柳沢もずっとベンチ要員だったのでしょうね。

中田は有言実行の人でした。
最初から最後まで攻守によく走り、素晴らしいミドルも2発撃った。これぐらいやれる選手がもう一人日本にいれば…
この大会はミドルが決まる場面が多く日本もじゃんじゃん撃たないとダメだと思ってました。小笠原と中田にミドルの期待をかけていましたが、前述の通り小笠原は消されてしまってましたな。
中田の「走れ!攻めろ!」メッセージのこもった前目のパスに追いつける者はおらず、結局相手にとられて攻め込まれまた中田が守備に奔走。という悪夢のような自作自演循環が目立ちました。中村の体調不良が悔やまれます。

加地さんは怪我からの回復が心配でしたが、見事な復活でした。
2列目を追い越す動きや、右サイドでの勝負場面の動きが秀逸でした。
「ここに来て欲しい」というところに必ず走り込んできてきてくれてました。やはり駒野ではまだまだこの域には達していない。
2004年の東京では徳永にレギュラー奪われたりと、悲惨だった頃から見てますが、立派に世界で戦えるようになりまして誠に感慨深いです。

中沢もやっと彼らしいところが見えてきました。調子が上がってきたようです。
あとは真のエースストライカーとしてのゴールを期待します。

FW陣はなぁ。
玉田もJで見たダメ玉田だし。
大黒もあの時間で結果を出すのは至難の業というか、ここで決定的なしごとができる選手なら2部リーグにはいないでしょう。
もう記念に巻だしてくれませんかね。
巻も走り回るプレーヤーですが、ここはもうゴール前に張り付かせる。ポストに徹させる。これが見たい。これまで通りの戦い方ではFWは1点もとってくれません。

で、ジーコ采配。
今回の交代策って、前のオージー戦でやるべきだったのでは?
1戦遅れての采配じゃん。
あの試合は、小野よりは稲本入れて守備強化が常道だったはずだし、ダメ2トップを下げて、最初で最後の玉田待望論が出ていたんだし。
やはりスーパースターの考えは常人には及びもつきません。
この及びもつかない考えに最後のミラクルを託さねばならなくなったこの状況。
もうこの神様を信じざるを得ませんので信じることにします。


ということで、ブラジル戦は3点差以上の勝利とオージー対クロアチアが0-0のドローになることを期待しつつ願いつつ出発します。

いってきます。

テーマ:ワールドカップ - ジャンル:日記



Prev | HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 GNO2-キャリフォルニアの青い○○, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。